FC2ブログ

魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Category [魅惑のハワイアンムードシャツ ] 記事一覧

アロハを眺めて酒を飲む 3

アロハシャツは着るだけでなく、飾って眺めて、それを肴に酒を飲むという楽しみ方もあります。今ここで大きくうなずいた貴方は立派なアロハ病です(笑)。Duke Kahanamoku by Cisco “Mixed Flowers” Early 1950s1953年の映画『地上より永遠に(From Here to Eternity)』でモンゴメリー・クリフトがカッコ良く着こなしていた。今までは復刻ものを愛用していたが、先日遂に念願叶い、オリジナルヴィンテージを入手。しかもレアカラー、...

PALI HAWAIIAN “RAINBOW ISLAND”

ヴィンテージアロハシャツとはなんぞや?歴史的に価値があるもの、一般的にはアロハシャツ黎明期~黄金期、1930~1950年代末までのものをそう呼びます。特に1940年代後半~1950年代後半までの十数年間に作られたレーヨン製アロハシャツは最も人気があり、高値で取引されています。レーヨン製アロハシャツの魅力は何と言っても、鮮やかな発色と柄の美しさにあるでしょう。地染めした生地の模様の部分を脱色して、そこに柄色を入れる...

The Flat Head “MERMAIDS”

「ウェアハウス」 の生地で仕立てたフラットヘッドのアロハシャツ。20年近く前のものです。生地の織りも自社生産にこだわる現在のフラットヘッドですが、この頃は外注だったんですね。ウェアハウスはヴィンテージ古着の再現に拘りのあるブランドなので、フラットヘッドが生地を発注したのは解る気がします。実質、Wネームですね。今となってはレアなブツかもしれません。生地の耳には“An Original Hawaiian Creation by Ware House”...

ALOHA KANAKA Original By Artvogue “NIGHT BLOOMING CEREUS & SHELL GINGER”

ヴィンテージアロハシャツとはなんぞや?歴史的に価値があるもの、一般的にはアロハシャツ黎明期~黄金期、1930~1950年代末までのものをそう呼びます。特に1940年代後半~1950年代後半までの十数年間に作られたレーヨン製アロハシャツは最も人気があり、高値で取引されています。レーヨン製アロハシャツの魅力は何と言っても、鮮やかな発色と柄の美しさにあるでしょう。地染めした生地の模様の部分を脱色して、そこに柄色を入れる...

KONA BAY HAWAII “FRANK MACINTOSH MATSON MENU”

ハワイへの旅がまだ船旅だった頃、サンフランシスコからホノルルの港を結ぶ「マトソンライン」は正に楽園行きの客船航路でした。6日間の航海中、船内のレストランでは毎日違うデザインのメニューが配られ、乗客は旅の記念としてそれらを持ち帰る事ができたのだそうです。このアロハシャツの柄モチーフは、そのマトソンのメニューデザイン。'30年代後半~'40年代にかけて採用された、フランク・マッキントッシュの作品、全六枚の内...

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
ハワイ大好き50歳、まだツボミ。
東京都国分寺市在住。

最新記事

KONA BREWING CO. “GOLD CLIFF IPA” Aug 13, 2018
アロハを眺めて酒を飲む 3 Aug 12, 2018
作ってみました!アンファジーネーブル (Anne Fuzzy Navel) Jul 26, 2018
作ってみました!マリブピニャコラーダ (Malibu Piña Colada) Jul 17, 2018
PALI HAWAIIAN “RAINBOW ISLAND” Jul 13, 2018
THE STYLE COUNCIL / MY EVER CHANGING MOODS (12") Jul 05, 2018
The Flat Head “MERMAIDS” Jun 25, 2018
TENDER LEAF (LP) Jun 11, 2018
ALOHA KANAKA Original By Artvogue “NIGHT BLOOMING CEREUS & SHELL GINGER” May 19, 2018
[NAKAMURA GENERAL STORE] ブルーベリークリームチーズスコーン他 May 13, 2018

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク