FC2ブログ

魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Category [Border Pattern アロハシャツ ] 記事一覧

KONA BAY HAWAII “2018 PINEAPPLE BORDER”

コナベイハワイ2018年モデル、パイナップルボーダー。スポーティーな縦のラインは1950年代のデュークカハナモクにあったデザインで、そこにコナベイオリジナルのパイナップル柄を乗せた、擬似コラボ的作品となっています。ネイビーベースに白のパイナップルが映える映える。ラインは細かいデザインですが、ボーダーの無地部があることから、ごちゃごちゃした感じはなく良いバランスです。洗練されているけどトロピカル。街でもリゾ...

KONA BAY HAWAII “GINGER SHELL”

1950年代“Kamehameha”の名作を復刻。モチーフはシェルジンジャー。レーヨンフジエットに抜染。オイスターシェルボタンを使用。ポケットは僕の好きな、柄合わせしていないタイプ。しかもダブル!(嬉)ポケットに存在感が有りますな。ベースカラーは少し緑がかった鮮やかな青。何とも言えない絶妙な色味です。沢山アロハシャツを持ってますが、これと同じ色のものはちょっと他に見当たりませんね。抜染仕上げにより、柄の美しさが際立...

SUN SURF “HULA GIRL & LEI”

1990年代のものと思われるサンサーフのボーダー、フラガール柄です。現行サンサーフとは仕様が違い、生地はレーヨンフジエット、縦型ボタンホール、ポケットの柄は合わされていません。フロントのフラガールが、何故か全て下向きなのが特徴(?)です。ベースカラーはライムグリーン。アロハシャツにはあまり使われない色ですが、非常に綺麗な色で、レイのブルーとよく合ってます。オリジナルの出処がわからないのですが、1950年代前...

KONA BAY HAWAII “BORDER”

オリジナルは1950年代中期~後期“Duke Kahanamoku by Cisco”。この柄は一見アロハシャツに見えないせいか、オリジナルヴィンテージはあまり書籍などで紹介されませんね。アロハシャツの柄は何もハワイアンモチーフばかりではありません。1950年代中頃は、流行を取り入れつつ斬新なものをと、こういった幾何学模様のシャツも多く作られていました。柄のマンネリ化を避けるためでもあったのでしょう。当時、パーティーで人と違うアロ...

KONA BAY HAWAII “PINEAPPLE BORDER”

アロハシャツにハマり始めた頃は、色数が多くて柄がシャツいっぱいにビッシリ描かれたものが、派手でカッコいいなぁって思っていました。最近は色数が少なくて無地場が広いものの方が、スッキリ見えてオシャレでカッコいいなぁって思うようになりました。この柄は有名なDuke Kahanamokuのヴィンテージパイナップル柄をボーダーパターンにアレンジしたもの。コナベイのオリジナルです。見ての通り色数は黒とピンク、たったの2色。...

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
東京都在住、52歳。

最新記事

KULANI BEACH Tropical Sportswear “WAIKIKI SAND” Jul 04, 2020
Kaimana Hawaiian Style “ONOMEA ARCH” May 20, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 15 May 09, 2020
Original by Hale Hawaii “LAND OF ALOHA” May 01, 2020
No Label “LAND OF ALOHA” Apr 25, 2020
PENNEY’S “AMERICAN EAGLE” Apr 25, 2020
SILVER MELLOW TONE “No.130” [Soprano] Apr 19, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 14 Apr 16, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 13 Apr 14, 2020
John Lennon “JL-29” Apr 08, 2020

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク