FC2ブログ

魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Entries

SAM KAPU / CHOTTO MATTE KUDASAI (7")

DSCF7534.jpg

Side-A. Chotto Matte Kudasai (Never Say Goodbye)
Side-B. Pupu Hinu Hinu

サム・カプーはDJ(ディスクジョッキー)や俳優としても活躍したハワイのマルチタレント。
歌手としてはハワイを代表するエンターテイナー「ドン・ホー」のステージの前座をつとめ、その名が知られるようになりました。
表題曲「Chotto Matte Kudasai (Never Say Goodbye)」は1971年にハワイで大ヒットしたナンバーで、写真は日本盤の7インチレコード。
邦題「ちょと待て下さい」は敢えて「っ」を抜いて、外人さんの日本語の発音を上手く表していますね。
知らない方はタイトルからしてコミックソングだと思われるかもしれませんが、美しくもの悲しい桜ソング、イージーリスニングテイストのボサノバです。


Chotto Matte Kudasai (Never Say Goodbye)

「サクラは儚く散ってしまった。そして、二人の愛もまた…。」
作詞は日系人のジェーン・ナカシマ。
“Please don't leave me kudasai.”など、英語と日本語をミックスした歌詞が斬新です。
この曲は世界的にも広く知られており、アメリカのポップグループ「サンドパイパーズ」や日本の女性アイドルグループ「ゴールデンハーフ」など数多くのアーティストがカバー。
以前ご紹介したハワイアンソウルグループ、フェイズセブンもアルバム『プレイタイム』で演ってます。



全然美しくもなく、もの悲しくもありません(笑)。
脱力感満点です。
僕はサム・カプーのオリジナルよりもフェイズセブンのバージョンを先に聴いてしまったんで、何年もの間こういう曲だと思ってました。
罪な奴らだぜ、フェイズセブン!(笑)
オリジナルが良すぎて、それを超えるカバーは無理と判断したのか、単なるチャカシ精神なのか、オリジナルのイメージを根本から覆す迷カバーですね。
まぁ、これはこれで楽しくて良いのかも。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
ハワイ大好き51歳、まだツボミ。
東京都在住。

最新記事

Gentry “AFRICA” Jan 11, 2019
アンスの日記 2 Jan 05, 2019
アロハを眺めて酒を飲む 5 Jan 02, 2019
MALANI BILYEU / ISLANDS (LP) Dec 30, 2018
DUKE KAHANAMOKU Made by Cisco “HANAHOU FLOWER” Long sleeve Dec 29, 2018
[Pho Bistro2] Pho with Chicken, Summer Rolls Dec 26, 2018
SUN SURF “HONOLULU SUNSET” Long sleeve Dec 16, 2018
アンスの日記 Dec 03, 2018
アロハを眺めて酒を飲む 4 Nov 28, 2018
Hawaiian Paradise Candies “Lilikoi Jam”,“Pina Colada Butter”,“Kona Coffee Hawaiian Fudge Sauce” Nov 27, 2018

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク