FC2ブログ

魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Entries

Champion DUKE KAHANAMOKU Made by Cisco “COCONUT PALMS & DIAMOND HEAD”

ヴィンテージアロハシャツとはなんぞや?
一般的にはアロハシャツ黎明期~黄金期、1950年代末までのものをそう呼びます。
特に黄金期、1940年代後半~1950年代末までの十数年間に作られたレーヨン製アロハシャツは高品質で人気があり、オンブック柄は高値で取引されています。
レーヨン製アロハシャツの魅力は何と言っても、鮮やかな発色と柄の美しさにあるでしょう。
地染めした生地の模様の部分を脱色して、そこに柄色を入れる『抜染』。
糊防染やボカシなど友禅の技法を駆使して仕上げた多色使いの『オーバープリント』。
写真をなぞるように網点で型を彫り、その上に色を重ねて写真のように見せる『ピクチャープリント』(オーバープリントの一種)。
当時は安価な土産物に過ぎなかったシャツに、惜しみない手間と労力を注ぎ込んだ、正に古き良きモノ作りの時代の技術の結晶。
ハワイを訪れた人が現地で買って着て、家に持ち帰り、ハワイでの楽しかった日々を思い出すために作られたシャツは、時代を越えてもなお輝きを放ち続け、ノスタルジックな楽園情緒へと僕らを誘うのであります。



20191124005103152.jpg

ニューヨークのシスコカジュアルズ社と契約していた頃の「デュークカハナモク」ブランドの代表作、『ココナッツパームス&ダイアモンドヘッド』。
1953年の名画 「地上より永遠に」 のラストシーンで、主演のモンゴメリークリフトが着用した事でも有名です。

monnty1.jpg

有名かつ人気柄なだけあって、’50年代を通して販売された作品ですが、よく見ると前期と後期のものではディテールやパターンに差異があります。
写真のものは襟がショートポイント、そしてネームラベルが小さめになってる事から、’50年代後期のものでしょう。

DSCF8641.jpg

DSCF8656.jpg

DSCF8658.jpg

雲や地面に部分的に網点のグラデーションがかけられているのも、この時期の大きな特徴です。

DSCF8625.jpg

グレーベースにグラスグリーン、ピンク、ブラック、ライトブルー、ホワイト。
あまり見かけない配色ですが、スティールトーマス氏の名著 「THE HAWAIIAN SHIRT」 には同じ配色のものが大きく掲載されております。

DSCF8652.jpg

後見頃は一枚絵のような迫力ある構図。
アロハシャツのデザインを芸術の域にまで高めた傑作と言えるでしょう。
もちろんプリントは抜染
やや厚めのレーヨンフジエットにシェルボタンが付いています。
Made in U.S.A.



最後までご覧いただき、ありがとうございました!


ハワイ人気ブログランキングに参加中!

魅惑のハワイアンムードDX
アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!

Mahalo !

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
東京都在住、52歳。

最新記事

Kaimana Hawaiian Style “ONOMEA ARCH” May 20, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 15 May 09, 2020
Original by Hale Hawaii “LAND OF ALOHA” May 01, 2020
No Label “LAND OF ALOHA” Apr 25, 2020
PENNEY’S “AMERICAN EAGLE” Apr 25, 2020
SILVER MELLOW TONE “No.130” [Soprano] Apr 19, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 14 Apr 16, 2020
アロハを眺めて酒を飲む 13 Apr 14, 2020
John Lennon “JL-29” Apr 08, 2020
KONA BREWING CO. “Island Colada CREAM ALE” Mar 30, 2020

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク