FC2ブログ

魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Entries

LEONARD KWAN / SLACK KEY (LP)

DSCF3336.jpg

[Side-A]
1.Opihi Moemoe
2.Yellow Ginger Lei
3.Opihi Momona Nui
4.Nahenahewiki
5.Opihi Bounce
6.Nahenahe
[Side-B]
1.Pau Pilikia
2.Kaneohe -Mama E
3.Manini
4.Silver Threads Among The Gold
5.Maori Brown Eyes
6.Opihi Moemoe

「レオナルド熊」ではありません!(笑)
レオナルド・クワンの1960年作品、世界初のスラックキーギター・インストゥルメンタルアルバム
スラックキーギターのバイブルとまで言われている、超名盤です。
このアルバムを聴かずして、スラックキーギターは語れません。
まず目を惹くのはジャケットデザイン。
インパクト大、字だけです!(笑)
「これでもか!」と言わんばかりにでっかく“SLACK KEY”と書かれています。
現在でこそこのデザインを見れば、ハワイの人じゃなくても「スラックキーのアルバムだな。」ってわかるのでしょうが、1960年当時はハワイの人達の間ですらスラックキーギターの存在はあまり知られていませんでした。
もともとスラックキーギターは別名「バックヤード・ミュージック」とも呼ばれていて、不特定多数の人に向けて披露するものではなく、個人的に楽しんだり、身内や仲間と一緒にいる時に演奏されていたものなので、特にレコードにする必要は無かったのです。
また、プレイヤー各々自己流のチューニングと奏法のため、基本があって誰かに教えるといった類いのものでもなく、ウクレレやスティールギターのように観光向けハワイ音楽に登場する事もなかったので、なおさら認知度が低かったのでしょうね。
そう考えると、今と昔ではこのジャケットデザインの持つ意味合いも随分違います。
制作者の「こんなの聴いたことねーだろ!」って思いが伝わってくるような…(笑)。
その制作者とは「トレードウィンズ・レコード」のマーガレット・ウィリアムス(女性なので、「~ねーだろ!」じゃなく「~ないでしょ?」かも)。
マーガレットさんはアメリカ本土の方なのですが、ハワイを訪れた際にたまたまスラックキーギターの音に触れる機会があり、その飾り気のない素朴な音色に心奪われ、このレーベルを自身で立ち上げました(故にトレードウィンズの作品はスラックキー色が強い)。
このアルバムは発売当初はあまり売れなかったのですが、長い年月をかけて少しずつ売れ続けてベストセラーになったのだそうです。
さて、このレコードの主役レオナルド・クワンについて。
このアルバムと後のスラックキー人気で名の知れる存在となったレオナルドさんですが、シャイな性格故に大衆の面前でプレイする事が極端に少なかったため、実際に彼のパフォーマンスを見た人はほとんどいないのだそうです。
このアルバムのジャケット裏も字だけ、ご本人の写真は一切ありません。
アルバムの内容ですが、簡単に言うとハワイアンのリフを織り混ぜたフォークです。
フラ音楽ファンは少し地味に感じると思います。
ブルースやカントリーが好きな人の方が、スンナリ入り込めるかもしれません。
このアルバム中、最も有名なのがA-1.,B-6.“Opihi Moemoe”
多くのプレイヤーがカバーしている、スラックキー界を代表する一曲です。
アルバムの最初と最後に収録されていますが、どちらも同じテイクです。
「自信作だから二回聴いてくれ!」って事なのか、最後のはアンコールのつもりなのか、A,B面各々収録する事でリスナーにレコードを裏返す手間をかけさせない親切心なのか…、僕にはわかりません(笑)。


A-1.,B-6.“Opihi Moemoe”

A面に 'Opihi' がつくタイトルが三曲もあるのは、二匹目のドジョウを狙ってのことなのか、単なる‘オピヒ好き’なのか…、それも僕にはわかりません(笑)。
B-5.“Maori Brown Eyes”はピーター・ムーンがお手本にしたことでも知られている、これも“Opihi Moemoe”と並んで人気の曲です。
アルバムは最初から最後までギター1本だけで通しているのですが、どの曲も2本以上入っているように聴こえます。
素晴らしい演奏です!
この頃のレオナルドさんは、ギブソンのアーチドトップ・フルアコを使用していたようです。
スラックキーといえばアコースティック・ギターのイメージですが、実はそうとも限らないんですねぇ。

CD化されているので、ぜひ聴いてみてください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングに参加中!
1クリックしていただければ、嬉しく思います。


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
魅惑のハワイアンムードDX

A hui hou!

Comment

はじめまして☺️ 

海外リゾートで検索してて、たどりつきました〜。
素敵なブログですね、またゆっくり読ませていただきますね。
やっぱり、リゾートといえばハワイが一番人気ですね〜。なかなかカリブ海についてブログ書いてる人は見当たらないですね。

私も、海外在住12年で、トルコ、フロリダ、マンハッタンと在住し、今はスイス人の主人と一緒にカリブ海にうかぶおとぎの国キュラソー島に在住しています。
2011年に、世界一周の船旅、ピースボートで通訳スタッフとして3ヶ月間世界一周もしました。
キュラソー島のことや国際結婚/国際離婚などのトピックで色々書いてますので、よかったら遊びに来てください。
今後ともよろしくお願いします☺️

Re: はじめまして☺️ 

コメント、ありがとうございます!
見ての通り、東京在住ハワイ好き男のブログです。
頻繁にハワイに行けるわけではないんで、最近はアロハシャツやハワイアンのレコード等、物に走りがちです(笑)。
ブログ、拝見しました。
カリブ海キュラソー島在住ですか。
いいな~、うらやましい限りですね。
もちろん日本だって良いところがいっぱいあるんですが、冬と寒いのがどうにも苦手な僕は、やはり南国暮らしに憧れます。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by Hilo 
  • URL 
  • 2015.01/23 07:24分 
  • [Edit]

slack kye愛好者 

楽しそうなBlogを読ませてもらいました
逗子の谷戸に住みTIKIを彫りslak guitarを楽しんでいる爺さまです その他ハワイアンなデコレーションを作っています
上記のホームページよかったら見てください。

TIKIさま、コメントありがとうございます。 

ホームページ、拝見いたしました。
写真だけみるとまるでハワイ!
第二の人生を楽しまれてるようで、うらやましい限りです。
僕もいずれは・・・、と言っても、そこまで達するには20~30年かかりそうですね(笑)。
URLをリンク欄に貼り付けておきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by Hilo 
  • URL 
  • 2017.02/23 09:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
ハワイ大好き50歳、まだツボミ。
東京都国分寺市在住。

最新記事

John Lennon “JL-29” Sep 23, 2018
An Original KALAKAUA “COMIC FISH” Sep 21, 2018
KONA BAY HAWAII Original Panama Hat Sep 13, 2018
SUN SURF Special Edition “SURF ISLAND STYLE” Sep 02, 2018
作ってみました!ハワイアンスタイルブレックファスト (Hawaiian Style Breakfast) Aug 21, 2018
KONA BREWING CO. “GOLD CLIFF IPA” Aug 13, 2018
アロハを眺めて酒を飲む 3 Aug 12, 2018
作ってみました!アンファジーネーブル (Anne Fuzzy Navel) Jul 26, 2018
作ってみました!マリブピニャコラーダ (Malibu Piña Colada) Jul 17, 2018
PALI HAWAIIAN “RAINBOW ISLAND” Jul 13, 2018

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク