魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Entries

LEMURIA (LP, CD)

DSCF7512.jpg

[Side-A]
1. Hunk Of Heaven
2. All I´ve Got To Give
3. Dreams
4. Mister U
5. Get That Happy Feeling
[Side-B]
6. Moonlight Affair
7. Mystery Love
8. The Making Of You
9. The Lady And Dude
[Bonus Tracks (CD only)]
10. Don´t Say There Ain´t No Heaven
11. Somebody´s Talkin´
12. Who Do You Love

オーラ、マイク・ランディ『リズム・オブ・ライフ』と並ぶ、ハワイアンソウル超人気盤!
“カラパナのソウル”ことカーク・トンプソンがカラパナ脱退後に結成したバンド「レムリア」、1978年発表の唯一のアルバムです。
最近ではカナダのバンド、スパンデッツが①と②をカバーして話題になりました。
フリーソウル系が好きな方なら、どストライクでしょう。
ジャケットに映る琥珀色の夕暮れと波しぶきの雰囲気そのまんまに、終始貫かれるのはハワイアンバンドらしいメロウネス。
ジャケ買いしても間違いありません。
実際、僕もそうでした。
写真は2001年発売のリイシューLPとCD。
初めにLPをジャケ買いして愛聴しておりましたが、後になってCDのみ収録のボーナストラック(※)が気になり、結局CDも購入してしまいました。
まぁ、それだけお気に入りのアルバムってことです。
( ※ 現行CDはボーナストラック未収録です。)


A-1. Hunk of Heaven

ブラジリアンフレーバーのトワイライト・メロウダンサー。
MUROさんのMixCD 「HAWAIIAN BREAKS」にも収録されていました。
これは好きな人、多いでしょ。
本アルバム中で最も有名な曲です。


A-2. All I’ve Got to Give

ゆったりしたリズムにエレピが揺らぐ、ヒップでハッピーフィーリングなスーパーキラー・メロウグルーヴ。
略して『スキメログルーヴ』!
略さなくても良いか(笑)。
後半のブリージンなフルートの音色がハワイらしくていぃネ!
何回も聴き返してしまいます。
個人的にはこの曲が本アルバム中、最も好きですね。
1979年に同じくカーク・トンプソンがプロデュースしたババデュのアルバムにも収録されています。
バックの演奏は同じものですが、カーク自身よっぽど気に入ってるんでしょうね。


B-1. Moonlight Affair

メンバーはヴォーカル4人、リズムセクション6人、ホーンセクション7人、総勢17人の大所帯です。
ソングライティング(A-5.を除く)、アレンジ、プロデュースはカーク自身が担当しています。
カラパナ時代はマッキー・フェアリー、マラニ・ビリューと優秀なソングライターが二人もいたことから、楽曲を担当する必要があまりなかったカークですが、カラパナのインスト名曲 「Black Sand」 は彼のペンによるもの。
元々才能はあったんです。
脱退してやっと、ソングライターとしての才能を大々的にお披露目したって感じですね。
クレジットをザッと見ると、注目なのがパーカッション担当。
なんと、カーティス・メイフィールドのバンドを支えた名手、“マスター”ヘンリー・ギブソンの名があります!
どおりで本格的なソウルサウンドになる訳だ。
それにしても、ハワイのマイナーレーベルのレコーディングにこんな大物が参加するとは、いったいどんな繋がりがあったのだろう?
全編に渡り、熱いプレイを聴かせてくれます。
キーボード担当は、後にテンダーリーフやテレサ・ブライトを手掛ける事でも知られるキット・エバースバック。
「Hunk Of Heaven」 「All I´ve Got To Give」もそうですが、このアルバムは印象的なキーボードで始まるイントロが多く、マスターのパーカッションと共にレムリアサウンドの要となっています。
ギターは後にDJプラットの代役としてカラパナのリユニオンにも参加した、ジョン・ラポザが担当。
派手さは無いものの、この人も上手い!
「All I’ve Got to Give」の間奏のクリアトーンのソロとか最高です。
コンピレーション盤『ALOHA GOT SOUL』にも収録されているギターインストA-5. 「Get That Happy Feeling」 は彼のペンによるもので、やはりクリアトーンによる渋いソロを聴かせてくれます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

ALPHA INDUSTRIES, INC. “MA-1”

DSCF7499.jpg

DSCF7358.jpg

アルファ社のフライトジャケットMA-1。
写真は今や希少なアメリカ製です。
レインスプーナーはハワイ製、MA-1はアルファのアメリカ製。
コピー製品が横行しているからこそ、ここは本物の中の本物に拘っておきたいなと。
アメリカンサイズってことでゆったりとした身幅ですが、丈はショート。
背中側はフロントよりも更に短くなっています。
これはコックピットに座ったときにダブつかないようにするための配慮です。

DSCF7369.jpg

ジッパーは強靭なIDEAL製。
ゴツくて如何にもアメリカン。

DSCF7375.jpg

シガレットポケット。
左袖に付いていて、煙草を取り出すときカッコいい!
吸いませんが(笑)。
ミニジッパーも勿論 IDEAL。
ペン差し先端部には、尖ったペン先からジャケットを守るために、プラスチックキャップが二個内蔵されています。
シェルはヘビーナイロンツイル、中綿はポリエステルで、防寒性、防風性、耐久性はバッチリです。
機能的ではありますが、外見は至ってシンプル。
そこが良い!
刺繍やワッペンなどのカスタマイズは施しておりません。
どうせ、中に派手なアロハシャツを着るんですから(笑)。
裾をレイヤードさせると、なかなか良い感じです。

DSCF7397.jpg

裏地はオレンジ色。
レスキューオレンジ」 といって、緊急時に裏返して着て、発見されやすくするための救命胴衣として作られています。
一応リバーシブルってことですが、街で裏返して着ている人は見たことがありません。
自分でやってみようとも思いませんが、緊急時には考えます(笑)。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

作ってみました!ハワイアンマカロニサラダ (Macaroni salad)

DSCF6286.jpg
(ALOHA TOFU TOWN の Tofu Hamburg Steak)

プレートランチの名脇役、マカロニサラダ。
ハワイの州民食と言っても過言ではないでしょう。
日本のものと似てますが、味は違います。
日本のものほど酸っぱくありません。
どうやら、日本とアメリカのマヨネーズの違いが大きいようです。
逆に言えば、アメリカのマヨネーズさえ使えば、誰でもハワイのマカロニサラダに近いものが作れるってことではないか。
美味い不味いは別にして(笑)。

DSCF7146.jpg
ハワイではこれが定番!
ベストフーズ リアルマヨネーズ

作ってみました!

DSCF7283.jpg

[材料]
サラダマカロニ 100グラム
玉ねぎ 50グラムぐらい
人参 50グラムぐらい
水 1リットル
塩 小さじ1
オリーブオイル 小さじ2
A (ベストフーズ・リアルマヨネーズ 80グラム + 牛乳 60ml.を混ぜ合わせる)
りんご酢 小さじ1
醤油 小さじ1/2
胡椒 少々
ガーリックパウダー 少々

1. 玉ねぎと人参を粗みじん切りにする。
2. 水を鍋に入れ、沸騰したら塩を入れて、マカロニを少し長めに茹でる (今回は「早ゆで4分」のものを5分茹でました)。
3. 2の湯を切り、オリーブオイルを混ぜ馴染ませる。
4. 3に1とA、りんご酢、醤油、胡椒、ガーリックパウダーを入れ、混ぜ合わせて出来上がり。

取り分けた後に各々で醤油をかけて食べるのがロコ流なのですが、微妙な匙加減が難しく、かけすぎて塩っぱくなる傾向にあるので、このレシピでは予め作る段階で少しだけ入れることにしました。
マカロニは柔らかめに茹でるのがポイント。
かなりハワイのものに近づけたと思います。
日本の市販のマカロニサラダがあまり好きではない妻でも、パクパク食べてくれます。
旦那思いですね(笑)。
写真はスーパーのお惣菜「山賊焼き」を盛りつけてみたのですが、なんかハワイっぽいでしょ?
ぜひお試しを。



最後までご覧いただき、ありがとうございました!
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

TROY FERNANDEZ / HAWAIIAN STYLE UKULELE (CD)

DSCF7434.jpg

①. Ka'aahi Kahului
②. E Ku'u Morning Dew
③. TNC
④. Nani Kaua'i/Guava Jam
⑤. Lovely Hula Hands/My Little Grass Shack
⑥. Maui Hawaiian Suppa Man
⑦. Wahine 'Ilikea/Waimanalo Blues
⑧. Heha Waipi'o
⑨. Waipahe'e/Maori Brown Eyes
⑩. Hawaiian Soul
⑪. Blue Hawaii
⑫. On Fire


Ka'aahi Kahului

僕のフェイバリット・ウクレレプレイヤー、トロイ・フェルナンデス。
2005年発表、初のインストゥルメンタル・アルバムです。
歌も上手いトロイさんなので、ヴォーカル入りのアルバムももちろん良いのですが、「どれか一枚」 と言われれば、迷うことなくウクレレ弾きまくりのこのアルバムを選びます。
演目はハワイアンとセルフカバーで構成。
タイトル通りのピュア・ハワイアンスタイルです。
多くのスーパープレイヤー達がハワイアンのジャンルを打ち破り過ぎのプレイをする中、これは嬉しい!
ウクレレの可能性を拡げるのもそれはそれで良いのですが、僕が一番聴きたいのはやはりハワイアンなウクレレ。
明るく澄んだ温かみのある音色は、最近の若いプレイヤーに有りがちな、ギターのようなキンキンしたものとは全然違い、耳障りではありません。
腕自慢している訳ではないのに何だろう、この余裕と風格は。
バックは控え目にアコースティックギター、ベース、パーカッションが入る程度。
それだけで充分です、トロイさんの場合は。
あまりに好き過ぎて冷静な解説が出来ていませんが(笑)、ただひとつ言えるのは 「全曲最高!」 って事です。
このCDさえあれば、貴方のお部屋がハワイ一色に…。
ぜひ、お聴きください。
なお、パッケージに表記はありませんが、このCDはExtra仕様です。
PCでレコーディング風景とインタビューがご覧いただけます。


Maui Hawaiian Suppa Man

以前はよくカラカウア通りのインターナショナル・マーケットプレイス辺りで路上演奏しているのを見かけましたが、最近は僕のハワイ滞在日とタイミングが合わないのか、なかなかお目にかかれません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

KONA BAY HAWAII “BEAR” Long Sleeve

今回ご紹介するのは

DSCF7408.jpg

オリジナルは“Kilohana (キロハナ)”1950年代前期の作品。
大変珍しい柄で、ヴィンテージアロハの本をめくっても、この柄以外に熊モチーフは見当たりません。
キロハナは他のブランドとの差別化を意識したオリジナリティ溢れるデザインが多く、アロハシャツファンには人気のブランド。
熊をモチーフに使う発想は、オーナーが日系人だったからこそなのでしょう。

DSCF7419.jpg

愛着が湧いてくると、獰猛な熊も可愛く見えます(笑)。
虎と同様に笹藪とも相性抜群ですが、松の木も良い味出してます。

DSCF7413.jpg

オリジナルは18色のオーバープリントですが、このコナベイのシャツは15色での復刻。
ヴィンテージの写真と見比べても、何処が3色抜けているのかわかりません。
上出来だと思います。
生地はレーヨン壁縮緬 (カベクレープ)。
オイスターシェルボタンが付いています。
Made in Hawaii. (生地、プリントは日本製、縫製はハワイ。)

DSCF7421.jpg



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
ハワイ大好き50歳、まだツボミ。
東京都国分寺市在住。

最新記事

LIZ DAMON’S ORIENT EXPRESS / 1900 YESTERDAY (7") Apr 13, 2018
Cherry Blossom “JAPANESE PATCHWORK DESIGN” Apr 01, 2018
reyn spooner “KETTLE FLORAL” Long Sleeve Mar 20, 2018
SAM KAPU / CHOTTO MATTE KUDASAI (7") Mar 12, 2018
[珊瑚礁本店] ドライカレー、ビーフサラダ、グァバジュース ~ [Pacific BAKERY] ブルーベリークリームチーズスコーン、マラサダ Mar 04, 2018
LEMURIA (LP, CD) Mar 01, 2018
ALPHA INDUSTRIES, INC. “MA-1” Feb 27, 2018
作ってみました!ハワイアンマカロニサラダ (Macaroni salad) Feb 23, 2018
TROY FERNANDEZ / HAWAIIAN STYLE UKULELE (CD) Feb 16, 2018
KONA BAY HAWAII “BEAR” Long Sleeve Feb 07, 2018

最新トラックバック

検索フォーム

全記事表示リンク

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!