魅惑のハワイアンムードDX

Hawaiian Music, Aloha Shirts & Yomoyamabanashi.

Entries

RAIATEA HELM / SEA OF LOVE (CD)

DSCF7392.jpg

①. Aina 'O Molokai
②. Nani Hanalei
③. Namolokama
④. Punahou
⑤. Lihue
⑥. The One They'd Call Hawaii
⑦. The Cockeyed Mayor Of Kaunakakai
⑧. Sea Of Love
⑨. Kaulana Ke Kuahiwi O Haleakala
⑩. Ka Beauty Mahiehie
⑪. Moonlight And Shadows

2011年作品。
ライアテアの作品はフラ向きのものが多いように思うのですが、このアルバムは少し違って'60年代のハワイアンクラブバンドをイメージしたものとなっています。
ハワイアンスティールをフューチャーした、実に軽快な歌と演奏です。
もちろん他のアルバムと同様、明るいライアテアは健在、フラ向きの曲も入っています。
僕みたいな雑食リスナーには取っ付きやすい作品かも。
それにしても彼女の声、いぃネ~。
ファルセットも抜群、ロングトーンも素晴らしい。
何よりキュートな雰囲気がたまらん!
50男らしいコメントになってしまいました(笑)。


⑥. The One They'd Call Hawaii

⑥はマッキー・フェアリーが歌ってもハマりそうな、頬撫でるシーブリーズチューン。
昔のハワイの風景が目に浮かびそうなノスタルジックな雰囲気が漂います。
タイトル曲⑧はIZのレゲエバージョンも有名ですが、ライアテアはウクレレだけをバックにしっとりと歌ってます。
聴くものを優しく包み込むような歌声です。
他にもナイトクラブジャズ有り、エキゾチックな曲有りと聴きどころ多し。
ぜひ!


⑤. Lihue



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

Palms Label by Flat Head & Co. “EAGLE, TIGER & DRAGON”

新年、明けましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。


今年は戌年ですが…。


Crazy Ken Band / Tiger & Dragon

DSCF7381.jpg

ヴィンテージアロハ本をめくると、数多く載っている 「虎と龍の対決柄」。
日本にはいない虎と架空の動物である龍が日本を舞台に火花を散らす!
スゴいですね~。
これぞアロハシャツの醍醐味、和柄アロハの名物!
各メーカーが挙って復刻してはいるのですが、残念ながら最近までなかなか欲しい柄が見つかりませんでした。
だって、どれも虎さんと龍さんが激オコで、おっかないんですもん(笑)。
まぁ対決しているんで、当たり前っちゃ当たり前なんですが…。

DSCF7355.jpg

先日、某オークションで手に入れたデッドストックのアロハシャツ。
10年ぐらい前に発売されたもののようです。
一目惚れです♡、パソコンの画面越しに。

DSCF7361.jpg

DSCF7380.jpg

虎と龍の対決柄を求めていたのですが、鷲も加わり三つ巴。
グリーンのグランドカラー、爽やかな配色が目を惹きます。
虎と龍は怒ってはいるものの、激オコではなく半オコぐらい。
それにこんな爽やかな配色じゃ、あまり恐くない(笑)。
鷲にいたっては、涼しげな表情にも見えます。
龍の胴体が雲に隠れてコンパクトにまとまっていることで、鱗が目立たずスッキリとした印象。
対決柄に有りがちな稲妻や渦雲が発生していないのも、僕にとっては着やすくて良いですね。
迫力に欠けるという意見も有りそうですが…。

DSCF7376.jpg

オリジナルの生地は1940年代後半に日本の港商商会という会社が製作したもので、終戦後に日本に駐屯していたアメリカ軍兵士の記念品として販売されていたスーベニアジャケット (スカジャン) で人気のモチーフ、鷲、虎、龍、富士山、五重塔を組み合わせたスペシャルデザイン
生地は米軍基地経由でアメリカに輸出されたり、アロハシャツとして製品化し
“Fashion Mart”のブランド名で在日米軍基地の購買部で販売されたりしました。
よって、オリジナルヴィンテージシャツはアメリカ製 (“Blue Stars”“Arsons”など)と日本製のものが混在しています。
ちなみに港商商会とはアロハシャツブランド“Sun Surf (サンサーフ)”でお馴染み、東洋エンタープライズ社の前身。
そのサンサーフからも今年、スペシャルエディションとして自社復刻が実現しています。

DSCF7368.jpg

さて、この復刻版“EAGLE, TIGER & DRAGON”について…。
“Palms Label”は長野発のアメカジ屋、フラットヘッド社 のレーベル。
生地の織りからプリント、縫製まで完全日本製で、日本の職人技にとことん拘るフラットヘッドらしい、素晴らしい仕上がりのアロハシャツとなっております。
生地はレーヨン壁縮麺 (カベクレープ)で、コシがある高密度な織り。
染めはオーバープリント、熟練の職人によるハンドプリントです。
生地の耳までプリントする事に拘り、生地の歪みを直して巻き取る作業は現在主流のピンテンダーではなくクリップテンダーを使用、生地の耳にピン穴を開けることなくキレイな仕上がりとなっています。
ボタンはキャッツアイココナッツボタン、もちろん手付けです。
なお、柄のデザインはヴィンテージの完全復刻ではなく、ヴィンテージを元に手書きで紙に起こし、フラットヘッドが考えるカッコ良いデザインに微調整されています。
妥協を許さない姿勢には、ただただ感服するのみですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

KONA BAY HAWAII “TIGER”

DSCF7309.jpg

和柄アロハを語る上で外せないのが 「虎」。
和柄で最も多いモチーフのひとつです。
和柄の世界で虎は 「勇気、強さ」 を意味するシンボル。
男なら一着は持っておきたいですね。
とは言え、意外に女性でもカッコ良く着こなせたりします。

DSCF7310.jpg
〈Back〉

今回ご紹介するアロハシャツは、2015/3/13の記事でご紹介した映画 「ビッグウェンズデー」 の『ベアーの虎』にそっくりの柄。
共にオリジナルはカリフォルニアのブランド“Artvogue(アートヴォーグ)” 1950年代中期~後期頃の作品で、ヴィンテージアロハの世界では『笹虎』と呼ばれる有名柄です。
何故こんなにも似たような柄が同じブランドから同時期にリリースされていたんでしょうかね。
謎です。

DSCF7298.jpg
〈Front〉

さて、このコナベイの復刻アロハですが、フロントとバックで少し違った印象となっています。
通常、暑苦しくなりがちな獣柄ですが、フロントは虎をチョロチョロと配する程度で、滝と笹が清涼感を演出。
そして、バックにはドーンと虎が真ん中で主役を張っています。
全体的にはフロントに虎が出過ぎていない分、クドさが和らいだようです。
それにしても、虎と笹は相性抜群!
「笹藪には虎がつきもの」
水墨画や屏風絵ではお決まりの構図ですね。

DSCF7316.jpg

ヴィンテージライクなイエローがいぃネ!
レーヨンフジエットに14色のオーバープリントオイスターシェルボタンがついてます。
Made in Hawaii. (生地、プリントは日本製、縫製はハワイ。)

DSCF7323.jpg

これをリゾートで品良く着こなせれば、アロハ上級者ですね。
いかつく着ることは簡単です、この柄は。
如何に虎を採り入れるか。
そこがポイントだと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

[Asahi Grill (keeaumoku)] Fried Rice, Oxtail Soup

[2017年7月 ハワイ旅行 with Uchino-Kamisan.]

IMG_4955 (3)
アサヒグリル・ケアウモク店
815 Keeaumoku St, Honolulu, Hi

アサヒグリルはワードに一号店があるのですが、今回はアラモアナセンターから徒歩5分ほど、ケアウモク通りにある二号店へ。
レストランと言うよりも食堂って感じのお店です。
観光客向けのインスタ映えするモノよりも、ロコが普段食べてるような庶民的なモノが食べたいなってことで、先ずはチャーハンをオーダー。

IMG_4966 (2)
Fried Rice ($8.95)

いぃネ~こういうの、チャーハンに目玉焼き
しかも卵2個 !!
チャーハンはパラっとした感じで、味は少し薄味。
取り立てて特徴はなく、昔ながらのチャーハンって感じです。
でも、そこが良い。
作れそうで難しい、しんぷるいずべすと!
チャーハンと目玉焼きはベストコンビですね。
美味いなぁ。
でもチャーハンにはスープが欲しいなぁってことで、こちらもオーダー!

DSCF6996.jpg
Oxtail Soup ($14.95)

ラーメンの丼に入ってます。
チャーハンに付けるスープにしてはデカ過ぎました(笑)。
しかもライス付きで、米食べ過ぎ。
オックステールスープはアサヒグリルの看板メニュー
牛のシッポのスープです。
ゼラチンを多く含んでいて身体に良さそう…ってハワイに来て暴飲暴食の僕が言うのも何ですが(笑)、優しい味にホッとします。
「カラダが喜んでるぅ~♡」
バカはさておき、パクチーが沢山で良い香り (苦手な方はパクチー無しでもオーダーできます)、そしてテール肉ゴロゴロです。
先ずはテール肉を取り出して、予め小皿に準備しておいた生姜醤油でいただきます。
生姜多めがポイントです。
肉はホロホロで柔らかく、骨から簡単にはずれます。
これが生姜醤油とよく合う。
群抜美味美味。
テール肉を全部食べたら、残ったスープにライスを入れ、生姜と醤油で味付けしてオジヤにします。
特に食べ方が決まっている訳ではありませんが、ほとんどの人がそうしているようです。
醤油、生姜、親父…、いや、オジヤ。
日本人が好きな味ですよね。
ハワイでオジヤを食べ、ハワイの日本文化に触れる。
奥深い!我らの胃袋のように…。
以上二品、二人でシェアして腹満たされました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました!
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

[Nico's Pier 38] Poke Bowl, Furikake Pan Seared Ahi

[2017年7月 ハワイ旅行 with Uchino-Kamisan.]

DSCF6945.jpg

ホノルル埠頭の魚市場のそばにある『ニコスピア38』 (1129 N Nimitz Hwy, Honolulu, HI 96817 )。
水揚げされたばかりの新鮮な魚が食べられるってことで、ロコに人気のシーフードレストランです。
店内には 「フィッシュマーケット」 が併設されています (写真の左端、緑のテント)。
総菜屋みたいなものですが、テイクアウトだけでなくレストランエリアに持ち込んで食べることも可能。
美味しいと評判のポケは、このフィッシュマーケットにあります。
買いました!

DSCF6940.jpg
Poke Bowl ($9.95)

三種盛りです。
沢山ある中から醤油アヒ、アヒリム、ガーリックシュリンプをチョイス (アヒとはハワイ語でマグロのこと)。
醤油アヒは名前の通り醤油味、アヒリムは海藻入りのポケです。
これが評判通り極上、美味いのなんのって。
鮮度ってつくづく大事なんだなって思いました。
海藻のコリコリした食感は好き嫌いが別れるかもしれませんが、僕は好きです。
ガーリックシュリンプはよくあるコッテリしたバター炒めではなく、アッサリしたお味。
プリプリした食感がサイコーです。
考えてみたら、ガーリックシュリンプのポケって珍しいかも。
米は白米か玄米を選べるので、白米を選びました。

DSCF6937.jpg
Furikake Pan Seared Ahi (with Ginger Garlic Cilantro Dip) ($12.95)

もう一品は 「フリカケアヒ」 。
下味をつけたマグロの柵に胡麻海苔フリカケをまぶして、フライパンでサッと表面を焼いたものです。
マグロにフリカケって 「和食なのでは?」 って思われる方もいらっしゃると思いますが、これも立派な“魅惑のハワイアンフード”
日本には有りそうで無い料理です。
日系人が多く住むハワイでは、マグロもフリカケもごく一般的に浸透しているのであります。
注文時に焼き加減と米の種類 (白米か玄米)、サラダの種類 (マカロニサラダかグリーンサラダ) を聞かれます。
焼き加減はレア、玄米とグリーンサラダを選びました。
ディップはタルタルソースみたいですが、ガーリックと生姜とコリアンダーをブレンドしたオリジナルソースとのこと。
では、レモンを搾っていただきます。

DSCF6941.jpg

レアなのでほぼ刺身ですが、表面はそこはかとなく焼き魚感があり、それが口の中でうまく混ざり合い美味しいです。
ディップもレモン汁と相まって爽やか。
ディップの代わりにテーブルにある醤油をかけてもイケます。
それにしても、マグロにフリカケって合う合う。
まぶして焼いてコーティングっていう発想がいぃネ!
以上二品、二人でシェアしてちょうど良い量でした。

IMG_4793.jpg

店内は風通しの良い空間。

IMG_4779.jpg

外の風景はビーチではありませんが、昼の埠頭は静かでノンビリしていて、これはこれで良いですね。
ここニコスピア38は魚料理以外もあり、ロコモコもかなり美味しいそうですよ。
こりゃリピート決定だな。

IMG_4803.jpg
Have a Nice Day!



最後までご覧いただき、ありがとうございました!
またのご訪問、心よりお待ちしています。

ハワイ人気ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックひとつ、よろしくお願いいたします。
(↓)


アロハストリート・ブログランキング(日本在住者の部)にも参加中!
励みになるので、応援していただけたら嬉しく思います。
(↓)
魅惑のハワイアンムードDX

Mahalo !

左サイドMenu

プロフィール

Hilo

Author:Hilo
ハワイ大好き50歳、まだツボミ。
東京都国分寺市在住。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム